[2023年版]GTX1660シリーズから乗り換えるのに最適なグラボGeForceRTX4070を紹介!

[2023年版]GTX1660シリーズから乗り換えるのに最適なグラボGeForceRTX4070を紹介!パソコン周辺機器
スポンサーリンク

安価でそこそこ性能があり、数年前に買って使っている人も多いGeForceGTX1660シリーズですが、最近は重いゲームも増ましたし、4K解像度やりたいかもしれません。そこで、GTX1660シリーズからグレードアップしたい人向けに最適なグラフィックボードGeForceRTX4070を実際に買ってみましたので、ご紹介をしたいと思います。

はじめに

デスクトップパソコンを持っているけど、本体の蓋を開けたことはない人も多いと思います。今持っているパソコンの性能では、ゲームはできないと諦めている方は、ぜひ、グラフィックボードの交換に挑戦してみてください。やってみると、それほど難しいことはありません

GTX1660シリーズからのアップグレードにはRTX4070が最適

Geforce RTX 4000シリーズには、現在(2023.11.5)性能順に、RTX4090、RTX4080、RTX4070Ti、RTX4070、RTX4060Ti、RTX4060が発売されています。

この中で、GTX1660シリーズユーザーが、最近のゲームでも実用に耐えうる最上のモデルを選ぼうとした時考えなければならないのは、電源容量と、補助電源端子の種類、グラフィックボードの大きさです。

まず、電源容量ですが、RTX4070推奨電源容量は、600W~750W(公式には650W)です。ミドルタワーのパソコンをお持ちの方ならこのくらいの電源容量は満たしていることが多いのではないでしょうか。

次に、補助電源端子の種類ですが、RTX4070よりも一段上のスペックのRTX4070Tiですと、16ピン12VHPWR電源コネクタが必要になってきます。複数のPCI Express 8ピンコネクタから12VHPWRに変換するアダプタが存在しますが、12VHPWRは流れる電流量が大きく推奨できません。その点、RTX4070であればGTX1660シリーズと同じ、8PX1コネクタのモデルを選択できるので都合がよいのです。

グラフィックボードの大きさですが、これもRTX4070Tiになると3連ファンのものがほとんどで、グラフィックボードの長さが大きく、パソコンのケースによっては干渉して組み込めないことが出てきます。その点RTX4070であれば2連ファンのよりカード長が短いモデルを選択できるので都合がよいです。

GTX1660シリーズとRTX4070のスペック

GTX1660TiGTX1660SUPERGTX1660RTX4070
製造プロセス
GPU型番
TSMC12nm
TU116-400-A1
TSMC12nm
TU116-300-A1
TSMC12nm
TU116-300-A1
TSMC 4N
AD104
ダイサイズ284mm2284mm2284mm2294.5mm2
トランジスタ数66億66億66億358億
CUDAコア数1,5361,4081,4085888
CUDAコア 有効率100%92%92%76.67%
Tensorコア数無し無し無し184
RTコア数無し無し無し48
ベース クロック1,500 MHz1,530 MHz1,530 MHz1,920 MHz
ブーストクロック1,770 MHz1,785 MHz1,785 MHz2,475 MHz
FP32演算性能5.437 TFLOPS5.027 TFLOPS5.027 TFLOPS29.15 TFLOPS
メモリ容量 ・種類6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR512GB GDDR6X
メモリクロック12 Gbps14 Gbps8 Gbps21.0 Gbps
メモリバス幅192-bit192-bit192-bit192-bit
メモリ帯域幅288 GB/s336 GB/s192 GB/s504 GB/s
SLi非対応非対応非対応非対応
Thermal Design120W125W120W200W
推奨電源容量450W450W450W650W
補助電源端子8PX18PX18PX18PX1 or 12VHPWR X1
接続IFPCI Express3.0PCI Express3.0PCI Express3.0PCI Express 4.0
発売日2019/02/222019/10/292019/03/152023/4/13

私が買ったGeForceRTX4070と仕様

私は、”Palit NED4070019K9-1047D (GeForce RTX 4070 Dual 12GB)”を買いました。

メーカーPalit
シリーズ名GeForce RTX™ 4070 Dual
製品コードNED4070019K9-1047D
チップNVIDIA GeForce RTX4070
接続PCI Express 4.0
メモリ量12GB
メモリ インターフェイス幅192bit
DRAM TypeGDDR6X
グラフィッククロック1920 MHz
ブーストクロック2475 MHz
メモリ速度21 Gbps
CUDAコア5888
メモリ帯域幅 (GB/秒)504
Microsoft DirectXMicrosoft DirectX® 12 Ultimate
OpenGL4.6
バスタイプPCI-E 4.0
モニタ出力HDMI 2.1a×1
DisplayPort 1.4a×3
最大デジタル解像度4K at 240Hz or 8K at 60Hz with DSC, HDR
冷却空冷ファン
2スロット占有
ボードサイズ269.1×127.5×40.1mm、1.06 kg
補助電力コネクター8-pin x 1
推奨電源容量750W
グラフィックス カード電力200W

Palit GeForce RTX 4070 Dualを選んだわけ

電源容量と、補助電源端子の種類、グラフィックボードの大きさが私の環境に適合していたのはもちろんですが、価格が低く、ネット上で特に悪い書込みを見かけなかったため、これを選びました。

ただし、このモデルは、推奨電源容量が750Wとやや大きいので、ご自分のパソコンの電源が合わない場合は、推奨電源容量が600Wでカードサイズが225.5 mm x 123.2 mm x 40.1 mmとさらに小さい、

“ZOTAC GAMING GeForce RTX 4070 Twin Edge OC ZT-D40700H-10M”を検討してみてください。

RTX4070では、MSI製の2連ファンのモデルもあるのですが、ボードが冷えないなどの意見をネットで見かけたので避けました。

写真・開封の儀

外箱表。
外箱裏。
外箱を外すと、また箱が出てきます。
開封の儀。
帯電防止の袋に入っています。
ボード表。2連ファンです。
ボード裏。
ボード上面。中央に8-pin x 1電源コネクターが見えます。
ボード上面拡大。8-pin x 1電源コネクター。
HDMI、DP端子部。左側からHDMI 2.1a×1、DisplayPort 1.4a×3。
ボードのお尻の部分。特に何もありません。

取り付け方法

1.まず、電源ユニットの電源スイッチをオフにします。

2.電源コード、その他パソコンに繋がっている配線をすべて外します。

3.パソコンを作業しやすい場所に移動し、鉄製のものに手を触れて静電気を逃がします(おまじないだと思ってください)。そして、側面の扉を開けます。

これが扉を開けた状態。ZOTAC製のGeforce GTX1660Tiを使っていました。

4.PCケースとグラフィックボードがネジで止まっているので、ドライバーで回して外します。また使うので、失くさないでください。

5.パソコンのマザーボードのボード固定用のコネクタロックを外し、グラフィックボードを取り出します。

写真中央部のPCIスロットの右端についている部品を押すと、グラフィックボードのロックが外れ取り出せるようになります。
これがロックのかかっている状態。
これがロックが外れている状態。この状態にして新しいグラフィックボードを取り付けます。
グラフィックボードの比較です。上が今まで使っていたZOTAC製Geforce GTX1660Ti、下が今回買ったPalit製GeForce RTX4070です。

6.新しいグラフィックボードをパソコンに差し込み、補助電源端子を接続し、コネクタロックがかかっている状態にして、とっておいたネジを締めます。

交換を終えた状態。このように、グラフィックボードの後方にあまり余裕はありません。もし3連ファンのグラフィックボードを選んでしまうと、グラフィックボードが長すぎてケースに入らないので気を付けてください。

7.上記の逆の手順で、元の状態に戻します。

8.パソコンを起動します。私はnVidia社製のグラフィックボードを使っていたので、何の問題もなく立ち上がりました。

9.念のため、グラフィックボードのドライバーをダウンロードして更新しておきましょう。

NVIDIAドライバダウンロード

ベンチマーク

有名なFF15(ファイナルファンタジー15)のベンチマークをやってみました。

主な仕様は、スクリーンショットの通りです。メインメモリは64GBです。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

交換前のGTX1660Tiでの結果です。4Kで普通の評価でした。
交換後のRTX4070での結果です。同じ4Kでスコアは倍以上、評価は”快適”になりました。

おわりに

これで電源やPCケースを変えることなく、3Dゲームが4Kで出来るようになりました。

GeForce GTX1660シリーズのユーザーで、ゲーミングPCを新調しようと思われている方、ちょっと待ってください。まず、グラフィックボードの交換を検討してみてね。

↓ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ

コメント