地獄の黙示録 BD レビュー

地獄の黙示録映画

有名な作品ですが、一度も観たことがなかったので買ってみました。

写真

届いた状態。
中身。他のものは次回以降紹介します。
ディスク以外は何も入っていませんでした。

視聴環境・画質・感想

視聴環境は、42インチの液晶モニタ+XboxOneX環境で観ました。

画質は悪くないと思いました。4k版を観たことはないので、その効果はどうなんでしょうか。私はBD版で満足しました。

感想ですが、前半の戦闘場面は想像していたより派手にドンパチやっています。それが物語が進行していくに従って、不気味さを増していきます。カーツ大佐とはどういう人物だろうかという想いが増していきます。

ストーリーは、あってないようなものですが、映画が終わった時の重圧感というか重苦しい感じが心に残りました。名作であると言われるだけのことはあります。

CAST

マーロン・ブランド、ロバート・デュバル、マーティン・シーン、フレデリック・フォレスト、アルバート・ホール、サム・ボトムズ、ローレンス・フィッシュバーン、デニスホッパー

STAFF

製作・監督:フランシス・フォード・コッポラ、脚本:ジョン・ミリアス フランシス・フォード・コッポラ、撮影:ヴィットリオ・ストラーロ、製作・デザイン:ディーン・タヴォラリス、音響:ウォルター・マーチ、編集:リチャード・マークス、音楽:カーマイン・コッポラ フランシス・フォード・コッポラ

↓ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

コメント