[MQA-CD]上原ひろみ MOVE レビュー

[MQA-CD]上原ひろみ MOVE レビューMQA-CD

Amazon Music Unlimitedを聞いていて、ファンになりました。MQA-CDを買ってみましたのでレビューします。

Amazon Music UnlimitedでULTRA HD(FLAC 24bit/192kHz)で聞くこともできます(2022.9.8現在)。(DAC等が対応している必要があります)

再生環境

TOPPING D90SE・A90とCDプレイヤーは同軸デジタル接続。ヘッドホンはゼンハイザー HD650をフルバランス接続です。

参考:TOPPING D90SE・A90 レビュー

写真

いつものように緑色のディスクです。
クリアファイルとか説明がある小冊子がついてきました。
MQA 352.8kHzで認識してます。

感想

サブスクでも聞けるのですが、応援と思ってディスクを買ってみました。また、このMQA-CDは352.8kHz/24bitですのでサブスクよりもアドバンテージはあると思います。

音質ですが、ネットで音が薄いというのを見かけたので気になっていましたが、そんなことは感じませんでした。

サブスクの音はヘッドホンで長く聞いていると疲れるような感じがありますが、MQA-CDはあまり疲れません。

[e-onkyo music]連載『辛口ハイレゾ・レビュー 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』第9回

から引用すると

”波形データから見ても確認できるように、ハイレゾ版『MOVE』は音量が非常に小さいです。「音圧が無くて、なんだか迫力がない。どこが太鼓判なんだ?」と早合点しないでください。ハイレゾ版『MOVE』は、他の一般的な楽曲と同じボリューム位置で聴いては本領を発揮できません。アンプのボリューム・ツマミをグイッと上げて聴いてみてください。私のアンプでは、CD盤『MOVE』からですとツマミを5クリックくらい回して音量を上げハイレゾ版を聴きます。”

とありますが、私はそんな必要もなく高音質に聞こえました。再生環境によるのでしょうか?

ともかく、ファンの方ならぜひ買っておきたいCDだと思います。

↓ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

コメント